【最新版】面白い!おすすめアニメランキング30!

どうも皆さん、みずです!
今回は僕が今まで見た中でおすすめのアニメを紹介したいと思います!

アニメ anime

前提条件として■

基本的には

・見たことあるアニメであること

・個人的に好きでオススメしたいランキング

・ランキングに入っていない作品は自分に合わなかっただけ、もしくは見ていないアニメです

個人的な好みが入っていますが、おすすめのアニメを紹介しているので、ぜひご覧ください。

30位からチェック

30位 WORKING!!

【日常・コメディー・ラブコメ】

ファミレス”ワグナリア”で働く店員たちの日常アニメ。

笑いの要素と恋愛要素ありの、ほのぼのとしたドタバタコメディーです。

小さい物が大好きな小鳥遊、ヘタレの佐藤さん、小さい先輩ぽぷら、毒舌な相馬さんなど、個性的な登場人物の掛け合いが面白いです。

原作が4コマ漫画ですが、うまくテンポよく出来ています。

クセが強いです。

第29位 みつどもえ

【日常・コメディー】

実際の小学生ってこんな凄くない。

ぽっちゃり気味だけどちょっとおませなみつば、無邪気で怪力なふたば、ちょっと不思議なひとはが織り成すドタバタコメディー。

テンポの良さも、気軽に楽しめるストーリーも、個性豊かな憎めないサブキャラたちも良い。現実的には表現がありえないことも多いアニメですが、ギャグアニメとして考えれば、面白いアニメだと思います。

28位 Fate Apocrypha

【バトル】

Fateシリーズ。ルーマニアを舞台に、マスターによって現代に召喚された16人の英霊たちが赤陣営・黒陣営に分かれ『聖杯大戦』を繰り広げるバトルアニメ。

最大の特徴は通常の2倍である、14人の英霊たち(+審判役・監督役を踏まえると16人)

人数が多いため展開こそ早いですが、戦う様は今までになく、熱くなります。

第27位 とある科学の超電磁砲

【日常・バトル】

超能力開発が行われる”学園都市”に住む《超電磁砲(レールガン)》こと御坂美琴の活躍を描くバトルアニメ。

「とある魔術の禁書目録」のスピンオフ作品。超能力の悪用や過剰な能力開発、無能力者の抱える悩みなど、シリーズ特有の世界観を深く掘り下げる内容で見応えがあります。

もちろん“禁書”と同じ世界観を別の視点から楽しめるので、あわせて見ることで世界観の理解が深まります。

26位 とある魔術の禁書目録

【日常・バトル】

主人公:上条当麻がインデックスを助けることから物語が始まる。超能力やオーバーテクノロジーを擁する「科学」と聖書や魔導書を擁する「魔術」が交差するバトルストーリーでアクセラレーター(一方通行さん)とのバトルは必見。

第25位 ノーゲーム・ノーライフ

【頭脳戦・心理戦・主人公最強・異世界・ギャグ】

ニートでひきこもりの兄妹。ネット上では『  』の名で無敗を誇る。最強ゲーマーだった。

ある日の出来事、神を名乗るテトという少年に出会い。空と白は異世界にいくことに――。
そこは…、すべてがゲームで決まる異世界だった。

他種族に追い詰められ、最後の都市を残すのみの『人類種』。それを兄妹が救えるのか。

まさにゲーム好きな人にはたまらないアニメですね。獣人種(ワービースト)とのバトルは特に面白い。リアルFPSみたいでよく出来ていますね。

第24位 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。

【ラブコメ要素弱い・ギャグ・コメディ・青春・学園】

自称”自意識高い系男子高校生”比企谷八幡と奉仕部メンバーの残念な青春を描くラブコメ。

よくあるハーレムものと思いきや、主人公ヒッキーの捻くれた、鋭い視点から描かれる心理描写はなかなか癖があって面白い。

校内一の才女:雪ノ下雪乃、クラスでも上位層のメンバーで八幡への特別な感情が見え隠れする由比ヶ浜結衣など様々な人物のおかれた環境の違いでも、思考をめぐらす展開などもうまく出来ていると思います。

個人的には、サッカー部マネージャーこと、1個下の一色 いろは(CV:佐倉綾音)の心の成長を見れる展開は逸脱。あざといけど可愛い。まさに腹黒みたいなイメージキャラがたっているけど、すごくかわいい。これだけでも見る価値あり。むしろ、見て共感してほしい。

23位 3月のライオン

【日常・将棋・シリアス・ラブコメ】

東京下町に一人で暮らす14歳の天才棋士・桐山零が孤独に、厳しい勝負の世界を戦い抜く将棋アニメ。

田舎の日常系の一コマや、零の心の苦悩などさわやかな感じではないが、それを少しずつクリリアしていく所が魅力の一つといえるだろう。

ただ、川本ひなた(川本家次女)の学校のシーンは人によっては胸糞悪いと思う人も多いと思う。これは作者の姪の実話のもとに作られた話しらしく、絶対にこんなことをしないようにと思ってみてほしい。

22位 アクセルワールド

【異世界・バトル】

2046年、東京。アプリケーションソフト”ブレイン・バースト”を用いた「加速世界(アクセル・ワールド)」におけるハイスピードな戦いを描くバトルアニメ。

内向的な性格の中学生”ハルユキ”は、ある日ゲームを通じて校内一の美少女 “黒雪姫”と出会う。

そこから、仮想世界のその先にある《加速世界》を知り、主人公が成長していく姿は熱い。加速世界を舞台にしたスピード感溢れる戦闘シーンもいいですね。

21位 僕は友達が少ない

【日常・若干ギャグ・若干ラブコメ】

ある日の放課後、忘れ物の体育服を取りに教室へ戻った小鷹は、同級生の三日月夜空が1人で楽しげにしゃべっているのを目撃。エア友達と話していたと釈明する夜空は、同じ境遇の小鷹を見たことで、友達を作るために隣人部(りんじんぶ)という部活を創部し、小鷹も無理やり入部させられることになる。

魅力としてはイラストがとてもきれいなところ。

ヒロインたちの残念さがとても面白いところ。
基本的には笑えるかいが多いですが、たまに感動できるような場面があるところ。

になります。見ていて飽きないのでおすすめ。

<スポンサーリンク>



20位からチェック

第20位 HUNTER×HUNTER

【冒険・能力バトル】

田舎町に住んでいた少年・ゴン。父に会いにいくためハンターを目指すことに。
ハンター試験と同時に信頼できる仲間と出会い、そして成長していくゴン。

ゴンとキルアが一緒に行動していて本当に癒されます。二人の成長とともに色々なイベントをクリアするのが見ていてワクワクドキドキそして熱い!

個人的には念能力を覚えたての頃とグリードアイランド編が面白いかな。

第19位 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

【日常】

戦うことしか知らなかった少女ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、”自動手記人形”として依頼人の手紙を代筆することで「愛してる」の意味を知る物語。

まるで映画のようにハイクオリティな作画で引き込まれるかと。また、1人の人間が最愛の人を失い、再起していく王道ストーリーには勇気をもらえます。

第18位 Fate/zero

【バトル】

Fateシリーズ。冬木の地を舞台に7人のマスターによって召喚された7人の英霊が、あらゆる願いをも叶える『聖杯』を求めて『聖杯戦争』を戦うバトルアニメ。

圧倒的スケールで繰り広げられる迫力のバトル、アレクサンダー大王やギルガメッシュを始めとする魅力的な英霊たちが魅力の作品です。

第17位 新世紀エヴァンゲリオン

【日常・バトル・シリアス・ラブコメ】

大災害「セカンドインパクト」が起きた世界(2015年)を舞台に、巨大決戦兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった14歳の少年少女たちと、第3新東京市に襲来する謎の敵「使徒」との戦いを描く。

正直癖が強すぎるため、人を選びます。

この作品は、伏線やキャラクターの魅力が大きいのかなとは思います。苦悩しながらでも前に進む姿に魅力があり、それが現実の学生らしくあり、前に進む姿が当時の視聴者に現実の自分に勇気をもらえたのではないかと思います。

第16位 干物妹!うまるちゃん


【日常・ギャグ】

外では完璧な女子高生、家ではグータラ妹のうまるとお兄ちゃんの日常アニメ。

うまるちゃんだけじゃなく、不器用なキリエちゃん、田舎者感が抜けない海老名ちゃんも良いです。

日常のまったりを楽しむためのアニメだと思います。海老名ちゃん、叶課長は可愛いのでおすすめ。

第15位 NEW GAME!


【ゲーム制作会社・日常・コメディ】

ゲーム会社を舞台として、若い女性社員ばかりのチームに配属されたヒロインの日常・勤務生活を描く、作者の得能は3年間、ゲーム会社に勤務した経験がありその経験が基になっている。社会人ドラマ的な内容よりも、各話で特定のシチュエーションに置かれた登場人物がどうするかという内容を念頭に置いた話作りになっている。

人と対面で話すことが苦手で、いつも硬い表情でぼそぼそとしか喋ることができず、心の声で突っ込みを入れている、ひふみがとても可愛いのでおすすめ。

第14位 ラブライブ

【アイドル・ライブ・日常・学園】

音ノ木坂学院(おとのきざかがくいん)」。この学院も時代の流れには勝てず、3年後に迫る学校統廃合の危機に瀕していた。そんな中、自らがアイドルとして活動し、学校の名を世に広め、入学希望者を増やそうと生徒たち立ち上がる物語です。

学校の統廃合という現実でも起こりうる壁を乗り越えていく点とキャラの魅力、ライブPVが魅力的だと思います。

1話見たら次も見たいという、うまく次の話につなげる点も素晴らしいと思います。

第13位 学園ベビーシッターズ

【日常・赤ちゃん・癒し】

鹿島竜一、虎太郎兄弟は両親を飛行機事故で亡くした。
2人を引き取ったのは同じ事故で息子夫婦を亡くした森ノ宮学園の理事長だったが、その条件として課せられたのが「ベビーシッター部」に入部してもらうのが条件だった――。

ベビーたちが可愛い。
とても癒される、自然と笑顔になれるアニメなのでおすすめです。

第12位 のんのんびより

【田舎・日常・癒し】

両親の仕事の都合で東京から引っ越してきた一条蛍は、小中併設校の「旭丘分校」に転入することになる。しかし、そこは自分を含めて全校生徒がわずか5人の学校だった。ここから物語が始まる。

この作品の魅力は、田舎のゆったりとした「癒し」と、キャラクターを応援したくなる可愛さでしょう。

現実ではなかなか出来なことに対しての憧れなどや癒しなども踏まえて、アニメで楽しめるからこそ支持されているのではないかと思います。

第11位 幽遊白書

【バトル】

主人公の浦飯幽助とその仲間たちの活躍を描く。主人公が柄になく子供を助けるところから物語が始まり、試練を受けることになる。

暗黒武術会編戸愚呂兄弟編)は個人的におすすめ。女性層に飛影と蔵馬が人気だったのは知らなかった。

幽遊白書の一番の魅力って戦闘だと思う。その部分で一番力が入っているのが、暗黒武術会編戸愚呂兄弟編)だと思うのでぜひ見てほしい。

10位からチェック

第10位 ソードアート・オンライン(SAO)


【VRMMORPG・恋愛・主人公最強・無双・バトル】

ライトノベルが原作のアニメ。仮想空間オンラインゲームの中に閉じ込められた主人公・キリトが、このゲームの唯一の脱出方法である「ゲームクリア」を目指す話。

大まかなストーリーとして、「主人公がヒロインを助けるために、必死に戦う!」。そして、逆もまた然りですね。

これの魅せ方が抜群にうまいんですよね。ピンチになったら助ける。そこをうまく表現しているからこそ、ご都合主義ということで叩かれずに、カッコいいということになるでしょう。

また、ヒロインたちが可愛いのも魅力的だったと思います。

劇場版もかっこいい

第9位 魔法科高校の劣等生


【主人公最強無双・バトルアクション・魔法・学園】

魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルものです。

妹の司波深雪は、エリートとして将来を約束された「一科生

兄の司波達也は、その補欠である「二科生

自分たちの自由を掴み取ろうとする物語が大筋となっていて、兄妹の高校在学期間を舞台とし、様々な問題を解決していくものとなっている。

何故劣等生と優等生と分けたかよくわからない作品ですが、おそらくこの悩ませる点が肝だったんでしょうね。

個人的には、校親善魔法競技大会(通称「九校戦」)は面白いのでぜひ見てほしい。

あと、ほのかが可愛い。

劇場版もおすすめ。

第8位 スラムダンク(SLAM DANK)

【バスケットボール・青春・感動・友情・成長・学園】

不良少年・桜木花道。赤木晴子さんに人目惚れし、バスケ部に入部を薦められ…。
次第にバスケにハマっていく話。

キャラが魅力的すぎるよ。ミッチーと宮城とかかっこよすぎるだろう。

主人公のゴリが悩んでいる瞬間の頭突きとか面白すぎるけど。

青春のお供に添えられる名作ともいえる作品。

こんな青春時代を過ごしてみたい。とにかく熱い話ですね。

第7位 Re:ゼロから始まる異世界生活


【異世界ファンタジー・バトル】

コンビニの帰り道に突如異世界に飛ばされてしまった少年・菜月昴(なつきすばる)。

やられることで時間を巻き戻し、また同じところからやり直しというループ。何をすればこのループから抜けれるのかは分からないが…。このループから脱し大切な人達を守るために戦うスバルのストーリーが始まった!

これは人によって選ぶ作品だと思います。時間ループということを通してどうやってクリアしていくかを苦悩する作品になるため、最初の方だと、同じような内容の繰り返しになるので最初の方で離脱する方も多いかと。ただ、後半はループ自体にも変化が大きくなるので、同じことの繰り返しではなくなっていくので、最初を我慢して見れるかということになる。

主人公には特別な力がないけど、いかにクリアしていくかが魅力的な作品ともいえる。レムとのやり取りの際の演出が映画並みになっているのでその点もおすすめ。そこで演出とそれまでのストーリーこと流れもあいあまって、レムが可愛いと思う人も多いだろう。

第6位 この素晴らしい世界に祝福を!

【異世界ファンタジー・コメディ】

ゲームが大好きなひきこもり佐藤和真。交通事故により…と思ったら?
あら不思議、目の前に女神を名乗る美少女・アクアが登場した。
「異世界に行かない?1つだけ好きなものを持っていって言いわよ」と告げた。

個性溢れる仲間たちと共に佐藤和真の第2の人生が新たに繰り広げられる。

この作品の魅力は、前途多難なパーティメンバーによるやり取りにあるでしょう。異世界無双なんて憧れであって、実際はそううまくいかない。そういうことがあるのに、楽しく、お気楽なところが良いでしょう。また和真の突っ込みに面白さがあると思います。話のテンポが良いのも和真のおかげでしょう。たぶん。

第5位 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

【異世界ファンタジー・ラブコメ】

迷宮都市のオラリオ『ダンジョン』と呼ばれている。『冒険者・ベル』はダンジョンに行きモンスターを狩り、レベルやステータスを上昇させる日々…。だがある日気づく…、周りの人達よりも異常にステータスの伸びが早すぎる!?

成長していくベル君と仲間との出会いの話。

女の子と出会うために危険なダンジョンに挑戦するという不純極まりない理由で冒険を始めた少年は、純粋で純真な気持ちをバネにどんどんと強くなっていきます。レベルによる圧倒的な格差、魔法による派手なエフェクトがバトルを盛り上げます。時には限界を超える手に汗握るバトルが『ダンまち』の大きな魅力です。

第4位 りゅうおうのおしごと!

【将棋・JS・日常・コメディー】

玄関を開けるとJSがいた。

16歳にして将棋界最強のタイトル保持者【竜王】となった九頭竜八一の自宅に押し掛けてきた雛鶴あい。ストレートなあいの情熱に、八一も失いかけていた熱いものを取り戻していくのだ。

あからさまに狙っているでしょう作風の作り方ではあるが、銀子やシャルちゃんなどそれぞれの特徴をいかしたキャラがたっているので見ていて飽きない。

将棋がテーマになっているので、作風と合わさってニッチ作品にはなります。見て気に入るかどうかは分かれるとは思いますが、私は面白かったです。

第3位 オーバーロード

【異世界・VRMMO・バトル】

仮想現実世界の空間、オンラインゲーム「ユグドラシル」はサービスを迎えようとしていた中。終了時間を過ぎてもログアウトしない!?そして突如NPCたちが意思を持ち始め、自らの意思で行動する姿に主人公・モモンガが驚いて、ログアウトができないユグドラシルというオンラインゲームの世界で情報を探す旅をすることに。

主人公がまさに理想の上司を振る舞う姿と心の中で突っ込む姿は面白い。異世界の中ではレベル差があるため、一方的なバトルになりますが、シャルティアとのバトルは同レベル帯だけあって駆け引き等もあいあまって面白いのでぜひ見てほしいです。

第2位 ご注文はうさぎですか?

【日常・学園・ギャグ】

高校入学を機に「木組みの家と石畳の街」に引っ越してきたココア。下宿先を探しつつ喫茶店に入ると、偶然チノという店員の少女と、ティッピーといううさぎに出会う。この店こそが探していた自分の下宿先ラビットハウスであった。

とにかく可愛いの一言。

キャラが独特なんですが、明るく朗らかな性格。とても前向きではあるが、少々ドジなところがあるココア、クールでおとなしい性格で、誰に対しても敬語で話し、普段はココアに冷たい態度をとることが多く、妹とされることに乗り気ではないが、酔った際はお姉ちゃん子になっていたチノ、男勝りな性格で、ワイルドであるために軍人の娘として育っており、常にモデルガンを所持しているが、お調子者の一面も見られており、褒められると過剰に頑張ってしまうリゼ、容姿に違わぬ大和撫子然とした性格で、面倒見も良いが、やや早とちりなところがあり、またちょっとしたことでもすぐに落ち込む千夜、真面目な性格で、他者がボケた時や間違ったことをした際は的確にツッコミをいれているが、反面では何かにリゼが関わると自らもボケることがあるシャロ

中学生コンビのチマメ隊こと、ボーイッシュな容姿と性格で、サッパリとしており、年上相手にも砕けた口調で話すことが多いマヤ、優しい性格で、礼儀正しいメグも可愛いですね。

それぞれが魅力的すぎる。何というか見守りたくなる可愛さがあるんでしょうね。音楽なども何度も聞きたくなる感じなのも良いですね。2期のEDのPVの出來も素晴らしい。ぜひ見てほしい。

第1位 四月は君の嘘

【音楽・ラブコメ・学園・シリアス】

演奏シーンがやばい。5秒で100枚以上使っていためかよく動く。あと、画がきれいすぎる。背景:夜の星空や桜の演出などやばい。あとは印象的なセリフなどやばいんです。

色がないものから色を紡ぎだす。

14歳の少年少女が葛藤を乗り越えて互いに成長していく姿、初恋・三角関係の切なさ、情景描写の美しさ、そして生に対しての重さが心に響きます。

ポエムに思えるようなセリフの一言一言にも考えさせることが多く、人は「突き動かされる何か」に出会った時に、大きな一歩を踏み出せるもの。ほんとそう思えます。

エンディングは悲しいものです。。。。

ただ、このエンディングだからこそ、ここまでヒロイン:かをりの美しさと公生の喪失感を引き出し、それを糧にしてピアニストとして成長していく公生の姿を思い浮かべることが出来るのではないかと思います。悲しくも美しい作品なので、ぜひ見てほしい。

実写映画ではこの魅力は出せていないと思うので、漫画とアニメがおすすめです。

おわりに

色んな作品がありましたが気になる作品は有りましたでしょうか?

こちらも随時更新していきたいと思うのでまた見ていただけたら幸いです。

関連記事(一部広告含む)