コロナウイルスとはどんなものか?まとめてみる【生活】

コロナウイルス 社会 生活 予防 対策方法 01

最近よくTVの話題になるコロナウイルスですが実際どのようなものかよくわからないことが多かったのでどのようなものかを簡単に記載していきたいと思います。参考になったら幸いです。

スポンサーリンク

コロナウイルスとは何?

人に感染する「コロナウイルス」は、7種類見つかっており、その中の一つが、昨年12月以降に問題となっている、いわゆる「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です。 このうち、4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占め、多くは軽症です。残りの2種類のウイルスは、2002年に発生した「重症急性呼吸器症候群(SARS)」や2012年以降発生している「中東呼吸器症候群(MERS)」です。 コロナウイルスはあらゆる動物に感染しますが、種類の違う他の動物に感染することは稀です。また、アルコール消毒(70%)などで感染力を失うことが知られています。

軽症のコロナウイルスは風邪のようなものですが、残り2種類のコロナウイルスは肺炎ウイルスみたいなものです。

風邪

かぜは、主に上気道(鼻、咽頭、喉頭)に炎症が起こります。熱は38度ぐらいまで、期間は数日から1週間程度です。発熱の他、次のような症状がみられます。

症状
鼻水
くしゃみ
のどの痛み

 

肺炎

一方、肺炎は、酸素と二酸化炭素のガス交換を行う「肺胞」に炎症が起こり、かぜよりも重い症状が出ます。熱は38度以上と高くなり、期間も長く続きます。以下のような症状が特徴です。

症状
鋭い胸の痛み
悪寒
息切れ、呼吸が浅くて息苦しい
全身のだるさ
黄色や緑色、鉄さび色の痰
顔やくちびるが紫色

重症急性呼吸器症候群( SARS )とは?

重症急性呼吸器症候群(SARS)は2002年後半に中国で初めて発見されました。世界的流行が起こり、2003年半ばまでに、カナダや米国などの国で8000人以上の患者と800人を超える死者が出ました。2014年の時点で、2004年以降の発症は報告されておらず、SARS(ウイルスではなく病気として)は撲滅されたとみなされています。2003年7月には収束しました。

SARSはコロナウイルスにより生じます。ほとんどのコロナウイルス感染症ではかぜのような症状しかみられないのが通常ですが、SARSははるかに重い病気です。

SARSの症状は、呼吸器に起こる他の一般的なウイルス感染症に類似していますが、より重度です。発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛の後に乾いたせきが生じ、呼吸困難に陥ることがあります。

大半の患者は1~2週間以内に回復します。しかし、約10%の患者で重度の呼吸困難が生じます。

現時点、今回のコロナウイルスはSARSに類似しているといわれています。

感染の仕方

現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。

空気感染に関しては現時点では考えられていないといわれていますが、閉鎖空間において近距離で多くの人と会話する等の一定の環境下であれば、咳やくしゃみ等がなくても感染を拡大させるリスクがあります。

飛沫感染

感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば など)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。
※感染を注意すべき場面:屋内などで、お互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごすとき

接触感染

感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、自らの手で周りの物に触れると感染者のウイルスが付きます。未感染者がその部分に接触すると感染者のウイルスが未感染者の手に付着し、感染者に直接接触しなくても感染します。
※感染場所の例:電車やバスのつり革、ドアノブ、エスカレーターの手すり、スイッチなど

予防の方法

一番は手洗い・うがいをしっかりすることが一番だと思います。マスクなどは人が多い場所などの際に咳やくしゃみなどを防ぐために良い方法ですが、現状店頭売りを見かけない状況ですし、タオルやハンカチなどで代用するのが良いと思います。

なお、マスクなどはあくまで感染した人が他の人にツバやくしゃみなどを直接うつさない為のものであるが、していない人を腫物扱いする傾向も人によってはあるのでそういうことがないようにして欲しいとは個人的には思います。

マスクの繊維状はそこまで細くない為、花粉などの対策が殆どで、ウイルスなどはそのまま通すため基本的には直接感染を防ぐぐらいのものなのかなとは思います。

もし感染の疑いがある場合は?

自宅療養して風邪でないと思った際には、各地域の福祉環境事務所か福祉センターや、県庁の対策課などダイヤルがあるのでそこに電話するのが良いと思います。

 

新型コロナウイルスの治療方法

新型コロナウイルスそのものに効く抗ウイルス薬はまだ確立しておらず、ウイルスが上気道や肺で増えることで生じる発熱や咳などの症状を緩和する目的の治療(対症療法)として、解熱剤や鎮咳薬を投与したり、点滴等が実施されています。対症療法により、全身状態をサポートすることで、この間ウイルスに対する抗体が作られるようになり、ウイルスが排除されて治癒に至ると考えられます。

終わりに

調べてみると10年前後でコロナウイルスが流行っているみたいですね。そのたびにデマや買いだめ、転売などが話題になっているみたいです。

ひとまず、手洗い・うがいをしっかりすることが大事なのでそれをしっかりしていけば予防として十分かなと思います。また世間の目などもあるので、咳やくしゃみなどする場合などはマスクがない場合はタオルやハンカチなどで代用しましょう。

関連記事(一部広告含む)