ニセコイの実写映画化について【映画】

こんにちは。みずです。

ニセコイの実写映画化で話題になっていたので今回簡単に紹介していきたいと思います。

<スポンサーリンク>

ニセコイとは

男子高校生の一条楽を主人公に、高校を舞台としたラブコメディ漫画です。

2018年4月で累計発行部数1200万部を超える、週刊少年ジャンプのラブコメディを代表する作品ともいえるでしょう。

あらすじ

10年前、一条楽は一人の少女と出会う。2人の間には幼いながらも愛情が芽生えていた。少女との別れの時、錠を渡し、結婚しようと約束する。

錠が開かないまま時が過ぎて10年後、高校生になった楽は転校生の少女・桐崎千棘と出会う。親のいいつけで「千棘と3年間、偽の恋人同士に」、2人の「ニセコイ」生活が始まった。

ニセコイの良さ

いわゆるヒロインが可愛いということですね。

千棘や小咲、誠士郎、万里花、春、羽、それぞれが魅力的であるということです。

そして、現実的にありえない点が魅力でしょう。

通常、ラブコメディーって現実的に起こることあるでしょうか?決してないと思います。

そんな非日常的なものを楽しめるのが漫画・アニメじゃないかと思います。

実写化するとどうなりそう?

漫画・アニメだからこそ力を発揮できる作品なだけに、正直怖いです。

少女漫画の恋愛ものってかなり映画化されていますよね。

その理由の多くは製作費が安く、若手の俳優を売り出せること。また、女性の方はファンになったイケメン俳優の映画やドラマを熱心に追いかける方が多いので、名前を覚えてもらえればメリットが大きいというのが大きいです。

今回も同じ感じで作られたのかなという感じはします。

ただし、ニセコイと少女漫画と大きく違うのは、ニセコイは主人公視点が男性。少女漫画は女性。

少女漫画の恋愛映画化は成功の鉄板ですが、少年漫画の恋愛映画化は実際、見てみないと分からないので放送されるのを待ちましょう。

公式の予告映像を見てみる

引用元:東宝MOVIEチャンネル <映画公式の予告映像>

公式の予告映像を見て気になったこと

制服が凄く淡い青色で、少し漫画というかアニメに寄せているのかなと思いました。

あと予告映像ではコメディ寄りに映画を寄せているのかなという印象が強かったです。



おわりに

実際にどうなるか分からないので、見てから判断しましょう。公開まで楽しみですね。

関連記事(一部広告含む)