10月時点でのグラブル売上が減った理由を少し考える

2020年10月22日

 

 

スポンサーリンク

全体の売上

 

グラブル売上 2019 2020
1Q(10-12月) 138億 100億
2Q(1-3月) 169億 160億
3Q(4-6月) 155億 80億
4Q(7-9月) 約130億 予想:90億
※アプリの売上だけでなく全部の売上です

グッズとかよりも全体的にアプリ自体の売上が基本下がっていると個人的にはみています。

アプリ内売上ですが、モバゲーの割合が増加して、

モバゲ+その他ブラゲプラットフォーム≧APPSTORE+googleplayになっていると思います(予想だと5.0~5.5割≧5割ぐらい)

※APPSTOREなどは課金だけして実際やるときにはPCでやる方が多いと思います。

なぜ売上が下がっているのか?

3Qではリアルイベントがコロナで中止になったのもありますが、全体的に売上が下がっているのは

既存プレイヤーは日課による時間拘束がきついのが多くやめる人と単純に飽きた人が増えたのと、広告など減らしたので新規でやる人が減ったのが大きいと思います。

その他だと、面白さが特にないのと少し課金しても強くなれないのに気付いた人やコロナによる生活消費の削減などもあると思います。

ただ定期的に課金していた人はパチンコ依存症と同じで財布のひもが引き締まったわけではないとは思うのでずっと課金し続けている人が多いとは思います。

※ちなみにグラブルは課金システム的にも日課なども依存症を誘発するような設計になっています。

 

 

 

関連記事(一部広告含む)