グラブルの売上 調べてみる【スマホ・グラブル攻略】

グラブルの売上 実際どれくらいだろう?ふと気になったのでちょっと調べてみました!

グラブルの売上 スマホゲー

こんな夜中ふと気になったので今回は、過去1年のデータをもとに大まかな売り上げをちょっと調べてみました。あくまでも予測の売り上げなのでこのデータが必ずしも正しいわけではないのであしからず。

グラブルの売上 2018年2Q(1~3月)

サイバーエージェントのゲーム事業の売り上げを見ると

404億!

これに関しては、全部のゲームの売り上げを示しています。

バンドリ:68.71億(2018年2Q)
プリコネ:35億(2018年2Q)
シャドウバース:19.16億(2018年2Q)
アイマスS:63.14億(2018年2Q)
ドラクエモンスターズ:31.12億(2018年2Q)
ジョーカー:8.26億(2018年2Q)
戦国炎舞:76.94億(2018年2Q)
グラブル:98.65億(2018年2Q)
その他ゲーム合算:1Qあたり4億と計算

全て合算したら404億となり、多少ずれていると思いますが大まかにはこんな感じな売り上げでしょう。

グラブルの売上 2018年3Q(4~6月)

サイバーエージェントのゲーム事業の売り上げを見ると

355億!

これに関しては、全部のゲームの売り上げを示しています。

バンドリ:55.94億(2018年3Q)
プリコネ:29億(2018年3Q)
シャドウバース:22.12億(2018年3Q)
アイマスS:52.26億(2018年3Q)
ドラクエモンスターズ:27.48億(2018年3Q)
ジョーカー:5億(2018年3Q)
戦国炎舞:70.31億(2018年3Q)
グラブル:89.38億(2018年3Q)
その他ゲーム合算:1Qあたり4億と計算

全て合算したら355億となり、ずれていますが大まかにはこんな感じな売り上げでしょう。

2018年4Q(7~9月)売り上げ

サイバーエージェントのゲーム事業の売り上げを見ると

368億!

これに関しては、全部のゲームの売り上げを示しています。

ドラガリ:1.5億(2018年4Q)
バンドリ:57.25億(2018年4Q)
プリコネ:24.61億(2018年4Q)
シャドウバース:26.65億(2018年4Q)
アイマスS:70.67億(2018年4Q)
ドラクエモンスターズ:21.71億(2018年4Q)
ジョーカー:5.64億(2018年4Q)
戦国炎舞:67.43億(2018年4Q)
グラブル:73.43億(2018年4Q)
その他ゲーム合算:1Qあたり4億と計算

全て合算したら352億となり、ずれていますが大まかにはこんな感じな売り上げでしょう。

2019年1Q(10~12月)売り上げ

サイバーエージェントのゲーム事業の売り上げを見ると

363億!

これに関しては、全部のゲームの売り上げを示しています。

ドラガリ:38.37億(2019年1Q)
バンドリ:39.78億(2019年1Q)
プリコネ:21.79億(2019年1Q)
シャドウバース:16.6億(2019年1Q)
アイマスS:38.76億(2019年1Q)
ドラクエモンスターズ:13.55億(2019年1Q)
ジョーカー:3.94億(2019年1Q)
戦国炎舞:62.91億(2019年1Q)
グラブル:77.17億(2019年1Q)
その他ゲーム合算:1Qあたり4億と計算

全て合算したら376億となり、ずれていますが大まかにはこんな感じな売り上げでしょう。

2019年2Q(1~3月)売り上げ

サイバーエージェントのゲーム事業の売り上げを見ると

399億!

これに関しては、全部のゲームの売り上げを示しています。

ドラガリ:12.03億(2019年2Q)
バンドリ:46.23億(2019年2Q)
プリコネ:28.75億(2019年2Q)
シャドウバース:28.61億(2019年2Q)
アイマスS:34.15億(2019年2Q)
ドラクエモンスターズ:20.61億(2019年2Q)
ジョーカー:3.68億(2019年2Q)
戦国炎舞:50.53億(2019年2Q)
グラブル:110.78億(2019年2Q)

うん、ずれすぎていて分かんね。サイバーの決算書見る限り、グラブル、戦国炎舞、アイマスの3つで売り上げの半分ぐらいはあるとは思うけど、あの手のグラフ、割と都合が良いように作るので、参考にしにくいです。

おわりに

調べてみると割と売り上げがずれていたりして参考にするのが難しいですね。ただ、ドラガリの不振から周年記念に売り上げを伸ばすということで一気に売り上げが伸びました。今後の感じを見ると、グラブルに広告費はこれ以上使ってもそんなに伸びない可能性があるんじゃないかなと思います。なので、プリコネやバンドリと新しい新規タイトルに広告を使う可能性が高いと思います。使う場合でも、3月の周年記念と、夏か、年末年始のいづれかで終わると思います。限定スキンも恒常になるみたいなので、今は売り上げは上がっていますが、古戦場のアクティブも前回は下がったのでそういう流れも多少あるのかなとは今後は労力+浪費の節約の方針かと思います。参考になったら幸いです。

関連記事(一部広告含む)