グラブルの売上 調べてみる【スマホ・グラブル攻略】

2019年10月9日

グラブルの売上 実際どれくらいだろう?ふと気になったのでちょっと調べてみました!

グラブルの売上 スマホゲー

こんな夜中ふと気になったので今回は、過去1年のデータをもとに大まかな売り上げをちょっと調べてみました。あくまでも予測の売り上げなのでこのデータが必ずしも正しいわけではないのであしからず。

スポンサーリンク

売り上げの参考資料

グラブルの売上 スマホゲー 01

引用元:※あくまで調査会社による推計値のため参考までです。
ファミ通モバイルゲーム白書2019

https://www.famitsu.com/news/201902/06171527.html

おそらく、ファミ通に関してはappstoreと、GooglePlayストアの合算の一年間の売り上げですね。

グラブルの売上 スマホゲー 02

これ見たら分かりますが、

FY2013以前=神撃のバハムート、アイドルマスター シンデレラガールズ(ブラウザの方)、戦国炎舞

FY2014=グランブルーファンタジー、ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト、ジョーカー~ギャングロード~

FY2015=アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

FY2016=Shadowverse

FY2017=セブンズストーリー(ほぼ売り上げ無し)、バンドリ! ガールズバンドパーティ!

FY2018=プリンセスコネクト! Re:Dive,ドラガリアロスト

での売り上げになります。他にもアプリやブラウザーゲーム出ていますが終了しているのがちょこちょこあります。

グラブルの売上 2018年2Q(1~3月)

サイバーエージェントのゲーム事業の売り上げを見ると

404億!

これに関しては、全部のゲームの売り上げを示しています。

バンドリ:67.71億(2018年2Q)
プリコネ:34億(2018年2Q)
シャドウバース:19.16億(2018年2Q)
アイマスS:62.14億(2018年2Q)
ドラクエモンスターズ:30.12億(2018年2Q)
ジョーカー:8.26億(2018年2Q)
戦国炎舞:75.94億(2018年2Q)
グラブル:95.65億(2018年2Q)
その他ゲーム合算:1Qあたり12億と計算

全て合算したら404億となり、多少ずれていると思いますが大まかにはこんな感じな売り上げでしょう。

グラブルの売上 2018年3Q(4~6月)

サイバーエージェントのゲーム事業の売り上げを見ると

355億!

これに関しては、全部のゲームの売り上げを示しています。

バンドリ:54.94億(2018年3Q)
プリコネ:28億(2018年3Q)
シャドウバース:22.12億(2018年3Q)
アイマスS:51.26億(2018年3Q)
ドラクエモンスターズ:27.48億(2018年3Q)
ジョーカー:5億(2018年3Q)
戦国炎舞:69.31億(2018年3Q)
グラブル:85.38億(2018年3Q)
その他ゲーム合算:1Qあたり12億と計算

全て合算したら355億となり、ずれていますが大まかにはこんな感じな売り上げでしょう。

 

2018年4Q(7~9月)売り上げ

サイバーエージェントのゲーム事業の売り上げを見ると

368億!

これに関しては、全部のゲームの売り上げを示しています。

ドラガリ:1.5億(2018年4Q)
バンドリ:56.25億(2018年4Q)
プリコネ:23.61億(2018年4Q)
シャドウバース:25.65億(2018年4Q)
アイマスS:68.67億(2018年4Q)
ドラクエモンスターズ:21.71億(2018年4Q)
ジョーカー:5.64億(2018年4Q)
戦国炎舞:66.43億(2018年4Q)
グラブル:70.43億(2018年4Q)
その他ゲーム合算:1Qあたり12億と計算

全て合算したら352億となり、ずれていますが大まかにはこんな感じな売り上げでしょう。

2019年1Q(10~12月)売り上げ

サイバーエージェントのゲーム事業の売り上げを見ると

363億!

これに関しては、全部のゲームの売り上げを示しています。

 

ドラガリ:37.37億(2019年1Q)
バンドリ:38.78億(2019年1Q)
プリコネ:21.79億(2019年1Q)
シャドウバース:15.6億(2019年1Q)
アイマスS:37.76億(2019年1Q)
ドラクエモンスターズ:12.55億(2019年1Q)
ジョーカー:3.94億(2019年1Q)
戦国炎舞:61.91億(2019年1Q)
グラブル:75.17億(2019年1Q)
その他ゲーム合算:1Qあたり12億と計算

全て合算したら376億となり、ずれていますが大まかにはこんな感じな売り上げでしょう。

 

2019年2Q(1~3月)売り上げ

サイバーエージェントのゲーム事業の売り上げを見ると

399億!

これに関しては、全部のゲームの売り上げを示しています。

 

ドラガリ:15.03億(2019年2Q)
バンドリ:53.23億(2019年2Q)
プリコネ:33.75億(2019年2Q)
シャドウバース:32.61億(2019年2Q)
アイマスS:40.15億(2019年2Q)
ドラクエモンスターズ:23.61億(2019年2Q)
ジョーカー:3.68億(2019年2Q)
戦国炎舞:54.53億(2019年2Q)
グラブル:110.78億(2019年2Q)

その他ゲーム合算:1Qあたり12億と計算(タップルとアベマTVのアプリは入れていないです)

全て合算したら380億となり、399億とはかなりずれています。

うん、ずれすぎていて分かんね。サイバーの決算書見る限り、グラブル、戦国炎舞、アイマスの3つで売り上げの半分ぐらいはあるとは思うけど、あの手のグラフ、割と都合が良いように作るので、参考にしにくいです。

 

モバコインの売り上げをちょっと調べてみる

1枚目のこの画像はDENAの最新の決算書からです。

このことから
1Qあたりのブラウザーゲームのユーザー消費額から1Q130億
アプリに関してはグラブルは関係なしです。

2枚目はDENAの古い決算のやつです。今とブラウザーゲーム自体は殆ど売り上げ自体はそこまで変わらない感じです。

 

次の画像は、マイネットになって、これは2016年にランキング9、10、23位の看板タイトルを買い取った際に伸びた金額が1Q10億ぐらいになります。

この傾向から、基本トップタイトル5位まで6割位の売り上げ(アプリゲーム除く)を取っているのではないかと推測されるので、1Q130億の6割=78億 ランキングトップ1にいるので予測でその売り上げの3~4割は売上があるのではないかと予測しています。そうなると、24~30億ぐらいになるので、基本、現時点で平均してモバコインの売り上げは月7~10億ぐらいはある(売り上げに対して割合的に20~30%前後)のではないかと個人的には思います(※あくまで個人的な予想です)

 

おわりに

調べてみると割と売り上げがずれていたりして参考にするのが難しいですね。ただ、ドラガリの不振から周年記念に売り上げを伸ばすということで一気に売り上げが伸びました。今後の感じを見ると、グラブルに広告費はこれ以上使ってもそんなに伸びない可能性があるんじゃないかなと思います。なので、プリコネやバンドリと新しい新規タイトルに広告を使う可能性が高いと思います。使う場合でも、3月の周年記念と、夏か、年末年始のいづれかで終わると思います。古戦場のアクティブも前回も下がったので今後は労力+浪費の節約の方針かと思いますが、グラブル運営さんが頑張って盛り返してくれることを期待したいです。参考になったら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事(一部広告含む)