グラブルの売上 調べてみる【スマホ・グラブル攻略】

2020年7月2日

グラブルの売上 実際どれくらいだろう?ふと気になったのでちょっと調べてみました!

グラブルの売上 スマホゲー

今回は、過去1年のデータをもとに大まかな売り上げをちょっと調べてみました。あくまでも予測の売り上げなのでこのデータが必ずしも正しいわけではないのであしからず。

スポンサーリンク

売り上げの参考資料

グラブルの売上 スマホゲー 01

引用元:※あくまで調査会社による推計値のため参考までです。
ファミ通モバイルゲーム白書2019

https://www.famitsu.com/news/201902/06171527.html

おそらく、ファミ通に関してはappstoreと、GooglePlayストアの合算の一年間の売り上げですね。

グラブルの売上 スマホゲー 02

これ見たら分かりますが、

FY2013以前=神撃のバハムート、アイドルマスター シンデレラガールズ(ブラウザの方)、戦国炎舞、グラブルバーサス

FY2014=グランブルーファンタジー、ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト、ジョーカー~ギャングロード~

FY2015=アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

FY2016=Shadowverse

FY2017=セブンズストーリー(ほぼ売り上げ無し)、バンドリ! ガールズバンドパーティ!

FY2018=プリンセスコネクト! Re:Dive,ドラガリアロスト

FY2019=ワールドフリッパー,ブレイドエクスプロード

FY2020=このすば

 

での売り上げになります。他にもアプリやブラウザーゲーム出ていますが終了しているのがちょこちょこあります。よくわからないですが、家庭用ゲームは2013以前の所に含まれています。

※官報より2018年のCygamesの売上高は、966.4億円。

2011
『神撃のバハムート』
『アイドルマスター シンデレラガールズ』

2014
『グランブルーファンタジー』
『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』

2015
『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』

2016
『Shadowverse』

2018
『プリンセスコネクト! Re:Dive』
『ドラガリアロスト』

これらがサイゲの運営・開発タイトルになります。

グラブルの売上 スマホゲー 04

(2019/10/30追記:決算資料から、グラブル単体での売り上げを見るのが難しそうですね。グラブルの関連するブラウザー売上/アプリ売上/グッズ/本/アニメ/BD・DVD/配信関係/コラボ売上関係/グラブルフェス売上/その他も決算説明資料を見る限り全て計上していることが分かったので、グラブルというコンテンツ全体で見ることにしています=ただしグラブルヴァーサスのみグラフをその他売り上げ扱いという意味が良く分からないことに)

2019年1Q(10~12月)売り上げ

サイバーエージェントのゲーム事業の売り上げから予測

ゲーム総売上:363億!
FY2014ゲーム売上=148.5億

(おっざぱな予測)グラブル関連:138億(2019年1Q)

2019年2Q(1~3月)売り上げ

サイバーエージェントのゲーム事業の売り上げから予測

ゲーム総売上:399億!
FY2014ゲーム売上=179億
(おっざぱな予測)グラブル関連:169億(2019年2Q)

2019年3Q(4~6月)売り上げ

サイバーエージェントのゲーム事業の売り上げから予測

ゲーム総売上:382億!
FY2014ゲーム売上=162億

(おっざぱな予測)グラブル関連:155億(2019年3Q)

2019年4Q(7~9月)売り上げ

サイバーエージェントのゲーム事業の売り上げから予測

ゲーム総売上:377億!
FY2014ゲーム売上=138.9億

(おっざぱな予測)グラブル関連:130億(2019年4Q)
※恐らく前年4Qグラブル関連は148億ぐらい

2020年1Q(10~12月)売上

サイバーエージェントのゲーム事業の売り上げから予測

ゲーム総売上:352億!

FY2014ゲーム売上=110億

(おっざぱな予想)グラブル関連:95~105億(2020年1Q)

2020年2Q(1~3月)売上

サイバーエージェントのゲーム事業の売り上げから予測

ゲーム総売上:448億!

FY2014ゲーム売上=175億

(おっざぱな予想)グラブル関連:160億(2020年2Q)

今回はグラフがややこしいため、詳細の予想を書いていきたいと思います。

■大体の円盤売上:7000円×(5000枚+23000枚×3)=5.18億
■EXチケット分:予測不可(中止になるのが見えていたのでどれくらい応募していたのか不明。払い戻し予定なので計算上は戻し売上)
■配信売上:?(アベマなども含まれるため不明。ただしそんなに多くはないはず)
■バレンタイン・ホワイトデイイベント分:推定不可だが複数買う人が基本かつ、転売目的で大量に買う人もちょくちょくいるため、数億は行っているはず
■グッズ売上予想:5~10億前後?
■グラブル本体売上予想:120~125億?
(3月の売り上げでかなり上昇しました=来年の周年もガチャ凄いことになりそうですね。アニバスタレ3回のグランデフェスキャラスタレも追加されると思います)
■グラブルバーサス売上:売上18億想定でグラフ計算の関係でIP扱いにしているから15億が加算

 

 

 

2020年3Q(4~6月)売上で加算されるもの

■円盤5~6巻:7000円×(23000×2)=3.2億
■グッズ売上予想:売り上げの10~20%
※これは不確定分:普通は入れないがプリコネの円盤売上に特典を入れているため、そのIP分で売上何割か入れている可能性あり

 

 

 

モバコインの売り上げをちょっと調べてみる

1枚目のこの画像はDENAの最新の決算書からです。

グラブルの売上 スマホゲー 02 モバコイン

下の画像で見るのはゲームの部分だけで大丈夫です。

グラブルの売上 スマホゲー 03 モバコイングラブルの売上 スマホゲー 04 モバコイン

このことからQあたりのブラウザーゲームのユーザー消費額からQ125億アプリに関してはグラブルは関係なしです。スカイリープからの移行(2Q~3Q)を調べてみると、ぱっと見でQあたり8~10億ぐらいがモバコインが増加したのかなという印象

スカイリープでの以降分踏まえてゲーム内全体の売上割合で言えば、4.5~5割ぐらい?(元々は2割前後だったとは思います)のではないかと個人的には思います(※あくまで個人的な予想です)

おわりに

調べてみると割と売り上げがずれていたりして参考にするのが難しいですね。グラブル運営さんが頑張って盛り返してくれることを期待したいです。参考になったら幸いです。

 

 

 

 

 

 

関連記事(一部広告含む)