[9/22付]スマホゲー会社の株価動向を簡単にチェック【資産運用】

スマホゲー会社 資産運用 株価 動向 01 スマホゲー会社 資産運用 株価 動向 02 スマホゲー会社 資産運用 株価 動向 05

ふと、スマホゲーの会社って株価どうなっているんだろうか?と気になったので、ちょっと見てみました。某なにがしさんが今年、来年がスマホのテーマの年って言っていましたが、割と売り上げが伸びている会社が少ないので、個人的には売り抜けの年なのかなとふと思っています。

スポンサーリンク

ちょっと気になったのは?

オルトプラス

ドリコム

KLab

ぐらい。コロプラのドラクエウォークも気にはなりますが、ドラクエウォークは共同開発というより、開発は受託で費用をスクエニで全部負担しているだろうから、どうみても、年間100億も契約上もらえると思えない点とマネーゲームになっているので、手出し無用かなと思う点からここから伸びそうな会社を3つに絞ってみました。kLabもそういう意味では、あまり期待できないのはありますが、チャート的には悪くなかった気もします。

チャートを見ていきます。

オルトプラス

スマホゲー会社 資産運用 株価 動向 07

切り上げて上を目指している感じでパワーをためているように思えます。一旦、下に落とされていますが、下で拾えばリスクは低め。ただし、業績はよくない会社だけに何とも言えない感じでしょうか。

ドリコム

スマホゲー会社 資産運用 株価 動向 08

こちらも切り上げて既に、最安値の時と比べて、1.5倍迄上がっている状況。もうちょいで飛び出しそうなチャートになっていますが、どうなることやら。

KLab

スマホゲー会社 資産運用 株価 動向 06

こちらも1.7倍近くも上がっている状況。改めてみると、スマホゲー会社どこも上がっていますね。

まとめ

どこの将来的なことを考えた際に材料が乏しいのに既に、1.5~2倍は株価が上がっている状況。株価がヨコヨコになっている会社の株は長期保有で持っといても良いかもぐらいですね。おそらく上がりそうな株の波にそのまま初動で乗って、買い煽りが出てきた際に売るのが良い感じでしょうか。長期的には上がる株もあるだろうから、もっとちゃんと分析して見てみることが大事な気もします。

今年、来年の期待のテーマ株ではなさそうです。

関連記事(一部広告含む)