SBI証券の2種類プランどちらがおすすめ?【株式投資・ブログ】

SBI証券 アクティブプラン スタンダートプラン 違い おすすめ 株式投資 副業 01

SBI証券開いたら1日の手数料無料(50万まで)とかあったからウキウキ(*’ω’*)でよく見たらプランが2種類あって、アクティブプランが1日の手数料無料(50万まで)でした。これってスタンダートプランと何が違うんだろうか?と思ったので調べてみました!

 

スポンサーリンク

スタンダートプランとアクティブプラン

(現物取引の場合)

スタンダードプラン アクティブプラン
1注文の約定代金 手数料 1日の約定代金合計額 手数料
5万円まで 50円(税込55円) 10万円まで 0円
10万円まで 90円(税込99円)
20万円まで 105円(税込115円) 20万円まで
50万円まで 250円(税込275円) 30万円まで
50万円まで
100万円まで 487円(税込535円) 100万円まで 762円(税込838円)
150万円まで 582円(税込640円) 以降100万円増加毎に 400円(税込440円)
ずつ増加
3,000万円まで 921円(税込1,013円)
3,000万円超 973円(税込1,070円)

※簡単に言うと、ドカッーーーーと大きく注文するようなリッチな大口投資様(100万~5000万円まで)はスタンダートプランが良くて、俺のようなセコセ・・・・あっ、間違えた亀のように塵積って山となる派などのように1日約定金額50万円も取引しない人はアクティブプランが圧倒的にお得という話ですね!

(信用取引の場合)

スタンダードプラン アクティブプラン
1注文の約定代金 「約定日の前営業日の未決済建玉の建玉代金合計」または「約定日の前営業日の新規建約定代金合計」 1日の約定代金合計額 「約定日の前営業日の未決済建玉の建玉代金合計」または「約定日の前営業日の新規建約定代金合計」
5,000万円未満 5,000万円以上 5,000万円未満 5,000万円以上
10万円まで 90円(税込99円) 0円 10万円まで 0円 0円
20万円まで 135円(税込148円) 50万円まで
50万円まで 180円(税込198円) 100万円まで 477円(税込524円)
50万円超 350円(税込385円) 以降100万円増加毎に 400円(税込440円)

※信用取引になるとまた話は変わって、信用取引だと3倍界王拳が使えるため1日の取引金額がでかくなることが多いので、50万までの取引は信用がお得ですが、基本的にはスタンダートプランがお得です。

 

まとめ

スタンダートプランは現物取引の場合は1注文金額がでかい人と、金額でかめで信用取引をするならおすすめ

アクティブプランは1日の約定金額が50万以下+現物取引で1注文あたり100万以上の大口取引する人向けにおすすめ

 

どちらが一方的にお得ってわけでもないので、その時の注文スタイルによって変えるのが正解なのかな?というのがありますね(1日1回切替できるので)!

関連記事(一部広告含む)