シエテ の考察(十天衆)【スマホ・グラブル攻略】

シエテ の考察をしていきます。十天衆の一人で最強の剣使いについて見ていきますね。

シエテ 10天衆 十天衆 最終 グラブル スマホ 02

<スポンサーリンク>

フレーバーテキスト

全空の脅威に座する至高の剣聖は、絶類の十の力を束ね、遥かなる蒼天の総てを掌る。剣をこよなく愛し、飄々とした姿からは想像できぬほど、背負う誇りと信念は強い。天を脅かす強大な力は、世を正す為だけに振われる。

思ったこと
フレーバーテキスト見ると主人公感が強い。かっこいい!

設定

属性
種族ヒューマン
タイプ攻撃
年齢27歳
身長179cm
趣味剣拓集め
好き冗談を言うこと、人を翻弄して楽しむこと
苦手筋が通らないこと、不正を働く者
CV諏訪部順一

思ったこと
 苦手の部分を見ると最近のグラブルの状況見ると、正してくれそう。運営さんがシエテみたいになってくれと切実に祈る。

シエテ の性格

前述した通り普段は飄々とした雰囲気を放っており、何を考えているのかよく分からない。
また剣の愛好家でもあり、名剣を持つ人と戦っては、その名剣の「剣拓」を貰っている。
一方で天星器の話になると性格は打って変わって冷静になり、主人公が七星剣の持ち主として相応しいか見極めてくる。そしてその後は、主人公のさらなる才能を引き出す為と称して仲間に加わる。(しかし、その裏では万が一にでも主人公が天星器に呑まれて道を誤った場合、自らが止める役目を担おうという意図もある)

また、彼自身剣術に対しても底知れぬ才を秘めており、上記する主人公との戦いでも本気を出しておらず、天星器にしても呑まれるどころか跳ね除けた上に逆にねじ伏せてしまうなど、まだまだ未知なる能力を持っている様子。

その一方で弱者に対して優しい面もあり、同じ十天衆のカトル・エッセル姉弟とシスは、彼に誘われて十天衆入りしている。

出典元:シエテ(グラブル) (しえて)とは【ピクシブ百科事典】 – pixiv

それでは性能面を見ていきます。最終前と最終後では全く性能が違うため、それぞれに分けて性能の説明と特徴を述べていきます。

シエテ(最終前)の性能

シエテ 10天衆 十天衆 最終 グラブル スマホ 01

奥義『ディエス・ミル・エスパーダ』風属性ダメージ(特大)/味方全体に攻撃UP(+30%)
アビリティ1:『エンブレーマ』自分に剣光効果
※被ダメージ時に効果が消滅

【使用間隔:1ターン 効果時間:2ターン】

※Lv55(+で効果時間3ターン・剣光の連続攻撃確率強化)

アビリティ2:『インフィニート・クレアーレ』ターゲットに関わらず10回単体ダメージ

【使用間隔:6ターン】

※Lv75(+で性能強化)

アビリティ3:『クオーレ・ディ・レオーネ』
(※Lv45で習得)
味方全体が即時奥義発動
※剣光Lvを3消費
【使用間隔:14ターン】
サポアビ
『天星剣王』
味方全体の奥義ダメージUP(1.5倍)/剣光Lvに応じてステータスUP

【剣光の効果】
・Lv1:攻防UP(+5%(通常攻刃枠))/DA率50%UP
・Lv2:攻防UP(+10%(通常攻刃枠))/TA率40%UP
・Lv3:攻防UP(+10%(通常攻刃枠))/TA率100%UP/クリティカル確率UP(発動率100%/倍率+30%)
・Lv4:攻防UP(+15%(通常攻刃枠))/TA率100%UP/クリティカル確率UP(発動率100%/倍率+40%)
・Lv5:攻防UP(+20%(通常攻刃枠))/TA率100%UP/クリティカル確率UP(発動率100%/倍率+50%)

考察
 最終前10天では上位の戦闘力を持っている。フロントにいるだけで奥義ダメが1.5倍になるサポアビは強い。古戦場用のワンパンなどにも使えるが、全体即奥義発動も条件は割ときついが、強力。ただし最近のSSRは強いので最終前ではキャラクターが揃ってくると外れてしまうことも考慮に入れる必要あり。ただし、サポアビが強力なのでいろいろと出番は割とあると思います。

シエテ(最終後)の性能

シエテ 10天衆 十天衆 最終 グラブル スマホ 03

奥義『ディエス・ミル・エスパーダ』

→(最終上限解放時)『シエン・ミル・エスパーダ』

風属性ダメージ(特大)/味方全体に攻撃UP(+30%)

【最終上限解放で追加】
自分の被ダメージ無効(1回)

アビリティ1:『エンブレーマ』自分に剣光効果
※被ダメージ時に効果が消滅

【使用間隔:1ターン 効果時間:2ターン】

※Lv55(+で効果時間3ターン・剣光の連続攻撃確率強化)
※Lv85(++で効果時間5ターン、剣光最大Lvが5に上昇、一度の使用で剣光Lvが2上昇、被ダメージで剣光Lvが2減少)

アビリティ2:『インフィニート・クレアーレ』ターゲットに関わらず10回単体ダメージ

【使用間隔:6ターン】

※Lv75(+で性能強化)
※Lv95(++で使用間隔5ターン、自身の奥義ゲージUP(30%))

アビリティ3:『クオーレ・ディ・レオーネ』
(※Lv45で習得)
味方全体が即時奥義発動
※剣光Lvを3消費
【使用間隔:14ターン】
アビリティ4:『七星の煌めき』
(※Lv100で習得)
剣光Lv3以上の時に、剣光Lvを維持したまま
味方全体の奥義ダメージUP(+100%)/奥義ダメージ上限UP(+100%)/味方全体が即時奥義発動
※再使用不可

【使用間隔:10ターン後から 効果時間:1ターン】

サポアビ
『天星剣王』
味方全体の奥義ダメージUP(1.5倍)/剣光Lvに応じてステータスUP
(Lv90で「味方全体の奥義ダメージ上限10%UP」追加)

【剣光の効果】
・Lv1:攻防UP(+5%(通常攻刃枠))/DA率50%UP
・Lv2:攻防UP(+10%(通常攻刃枠))/TA率40%UP
・Lv3:攻防UP(+10%(通常攻刃枠))/TA率100%UP/クリティカル確率UP(発動率100%/倍率+30%)
・Lv4:攻防UP(+15%(通常攻刃枠))/TA率100%UP/クリティカル確率UP(発動率100%/倍率+40%)
・Lv5:攻防UP(+20%(通常攻刃枠))/TA率100%UP/クリティカル確率UP(発動率100%/倍率+50%)

サポアビ

『カンピオーネ』(Lv95で習得)

土属性の敵に対して与ダメージUP
考察
 最終前と使い勝手はほぼ変わらないです。ただし、味方の奥義上限が上がるサポアビと、1アビの【エンブレーマ】の使い勝手が上がった印象。ただし、アビ硬直が長いのでその点が最終前であろうと、最終後であろうと不満が残ります。2アビが奥義ずらしの使い方もありますが、俺は使っていません。得意武器が剣で使いやすいのは大きいですね。

シエテ (最終後)と相性の良いキャラ

基本的にはどのキャラでも相性が良いのですが、剣得意で合わせていくのが一番効率が良いのかなと個人的には思います。

ランスロット

シエテ と相性が良いキャラ ランスロット グラブル 風属性 スマホ 十天衆

水着ジャンヌ

シエテ と相性が良いキャラ 水着ジャンヌ グラブル 風属性 スマホ 十天衆

水着ユエル

シエテ と相性が良いキャラ 水着ユエル グラブル 風属性 スマホ 十天衆

最終ニオ

シエテ と相性が良いキャラ 最終ニオ グラブル 風属性 スマホ 十天衆

アンチラ

シエテ と相性が良いキャラ アンチラ グラブル 風属性 スマホ 十天衆

考察
ランスロット:剣得意で全体追撃付与もできるため相性が良い!
水着ジャンヌ:剣得意かつソロ用でのデバフ・バフ付与できる!
水着ユエル:剣・刀得意かつ奥義で追撃付与できる。
最終ニオ・アンチラ:バフが強力過ぎて相性以前に入れとけみたいなキャラ!

おわりに

シエテに関しては最終上限解放することで奥義性能が上がります。最終前と最終後で上がり幅が一番小さいキャラというのが個人的に評価です。ただし、最終前でも良い性能なので、最終上限解放は後回しで良いキャラではないかと思います
ただし、鰹剣豪や1ターン性能を高めるため、それ目当てで最終上限解放するのは有りだとは思います。
参考になったら幸いです。

関連記事(一部広告含む)