夏の部屋の中の蒸し暑さ対策~手短にやれること~

こんにちは。みずです。

本日は夏の部屋が蒸し暑いのは何故か?とその暑さ対策について話していきます。

<スポンサーリンク>

外は暑いのに部屋の中は蒸し暑い。なぜ?

外は少し風も出ていて涼しかったのに部屋の中に入ると蒸し暑い…夏によくある状況です。

そもそもなぜ家の中だけこんなに暑いのとイライラしてしまうこともあります。
こんなふうに家の中に熱気がこもってしまうのはなぜなのでしょうか。

その原因を見ていきます。

蒸し暑い原因

昼間の太陽の熱

夏の太陽は冬に比べると太陽が出ている時間も長いため、熱がこもってしまいます。カーテンを閉めないと直射日光が長時間部屋の中に当たることになり熱がこもってしまいます。

電化製品の熱

冷蔵庫、エアコン、テレビなどの様々な電化製品があり、それぞれ大量の熱を放出しています。

家の構造

RC構造の建物は熱がたまりやすいので部屋の中や近くにあると熱がこもり暑くなってしまいます。中には壁や屋根に断熱材が入っていない物件もありますので、それで熱をこもってしまうこともあります。

部屋の風通しが悪い

部屋の対角線上に窓やベランダのドアなどがない場合は、風通しが悪く熱がこもりやすくなってしまいます。

暑さ対策

部屋にこもった熱を上手に逃がすポイント

まず最初に窓を開けて室内にこもった熱を外へ逃がして換気をしましょう。

換気は対角の位置にある窓を2ヶ所以上開けるのがポイントです。
風の出ていく窓を大きく開け、風の吹き込む窓を小さくするとよいです。

窓が1カ所しかない場合は、窓と換気扇を使って下さいね。

扇風機を使って熱を外に追い出す

換気ではなかなか出て行かない室内のこもった暑い熱は天井付近に滞留しているので、扇風機を使います。

ファンを上に向け、できるだけ高い位置で首振りにして使うのが効果的です。
空気の流れができ、自然に窓から熱気が外に出ていきます。

なお、外気温が室温より低い場合は、開けた窓の前に扇風機を置き、室内に向けて外の涼しい風を送りこむようにすると部屋の中が涼しくなる。

外気温が室温より高い場合、室外に向けて風を送りこむようにすると部屋の温度を多少維持することができる。

すだれをつける

窓の外にすだれをつけることで、部屋の中に入ってくる熱や窓の表面の温度を下げる事ができます。

風呂上がりに足を冷水につける

冷水によって一時的に皮膚表層の血液量が増えるので汗は出ますが、結果的に汗の全体量を減らせます。

凍らせたペットボトルを扇風機に当てる

冷たい空気になるため涼しく感じます。



まとめ

夏の暑い時期は、暑さで食欲不振になり、体調を崩しやすいです。夏の暑さに対策をしつつ、上手に季節を楽しんでいきましょう。なお、熱中症対策に塩分はとるようにはしましょう。

関連記事(一部広告含む)