放置少女 をやってみた【スマホ】

放置少女 というゲームは知っているでしょうか?アプリストアでちょくちょく売り上げが良かったので今回やってみました。やってみないと正直なぜ売れているのか理解しにくいゲームなので、やってみるのが一番分かりやすいと思います。

放置少女 ゲーム攻略 スマホ 01

<スポンサーリンク>

放置少女 ってどんなゲーム?

簡単に言えば、戦闘力というものを上げて、城を攻めたり、守ったりするゲームで、そのサーバーにいる人とチャットを楽しむゲームと私は思っています。最初は全部放置して、勝手に全てやっていけるゲームと思ったのですが、そうではないですね。このゲームのシステム根幹は基本、以前ブラウザーゲームで、はやったギルドバトルゲーム(ストラジ)に近いと思います。

無課金でもやれる?実際やってみた感想!

無課金でもチャットなど皆で交流したりするのは凄く楽しめる。強さに関してはある程度までは強くなれるといった感じでしょうか。早く強くなりたい、周りにどうしても負けたくない、ランキングで常に上位を取りたいという方であれば、課金しないと難しいとは思います。勿論長く続ければ続けるほど、無課金でも強くなれるゲームなので、長く続けるのが強くなるコツともいえるでしょう。もし無課金で長く続けるのなら、新しいサーバーで課金する前に一旦、システム理解の為、課金前に古いサーバーでどのようなものかなど試す。理解した後に、新しいサーバーで、120円の課金だけはやった方が良いのかなという印象。もし放置メインで金をかけず強くしたいなら、さらに1000円近く課金した方が快適にこのゲームを楽しめるとは思います。

放置少女 のどういった点が魅力のゲーム?

放置少女 ゲーム攻略 スマホ 04

※陣営=よくあるゲームの装備やキャラ編成。チャット=みんなとコメントをして楽しめる場。同盟がギルドバトル等の入り口の場といった感じかな?。任務が達成報酬を貰える場。競技がイベントの場になります。

この中でも特に注目したいのが

戦力増強が確認できる【陣営】

放置少女 ゲーム攻略 スマホ 05

装備自体は、放置していれば勝手に拾ってきます!装備にボーナス値を調整したり、装備編成をメインキャラ以外に編成したりして、数字の変動を細かく見れます。この値が細かく表示されているため、日々の成長が確認できるのが良さでもあると思います。

ギルドバトル=同盟バトルが楽しい

ギルドバトルである同盟戦=こちらは自身のメインキャラのみで他同盟とバトルするもの。こちらは自動バトルになります。通常は下記で記載している傾城を重視しているため、主将=メインキャラはあまり育成しません。そのため、傾城で勝てない同盟でもたまに、強い同盟が出てきます。

放置少女 ゲーム攻略 スマホ 06

ギルドバトルである傾城の戦い=こちらは自身の副将で他同盟とバトルするもの。お城を守ったり、攻めたりするときは自身で動かさないといけないです。時間がない時は、自身のお城を守るため、副将を守るために駐屯する必要があります。忙しい時などは、駐屯して放置するようになります。

放置少女 ゲーム攻略 スマホ 07

傾城は同じ同盟員とチャットしながら、ここを攻めよう!など、いろんな話をして攻めたり、守ったりするのが楽しいといった感じです!

チャットでいろんな人と交流できる!

他の人といろんな話ができるのが魅力的!ラインみたいな感じの吹き出しでチャットを楽しめます。

最適化すれば1日のゲーム時間が20分程度で放置できる

チャットなどがメインコンテンツですがそれをすると時間を取られるので、それらをやらないようにするとほぼ触らなくても良くなるのは大きい。デイリーミッションや傾城や群雄等忙しい時は駐屯するだけで1日20分程度でも良くなる。

キャラが可愛い

放置少女 ゲーム攻略 スマホ 03

放置少女 ゲーム攻略 スマホ 02

静止画のため、理解しにくいと思いますが、ゆらゆらとキャラが揺れて、キャラの動きが楽しめます。
※上記のキャラ取るのには割と苦労します。SSRのそのキャラの絆(120個)を取って、その次のURにするには、UR絆(60個)を取る必要があります。さらに、レア度を上げるにはそのキャラのUR閃アバターの絆(120個)を集める必要があります。

他にも様々な歴史上なキャラなどがあって、歴史を楽しめる要素もあります。

おわりに

色んなゲームが出ている中でたまに売り上げランキングに出てくることがあったので、今回は簡単にやってみてどのようなゲームか紹介させていただきました。このゲームはやり方次第で、ほぼ放置でアプリを触らなくてもいいと思ったのが利点かなとは思います。やるのは無料だし、合わないならすぐにやめてよいと思ったので、今回は簡単に紹介だけして、ぜひ皆さんも試してみてもらったらと思います。

関連記事(一部広告含む)